2019年10月20日

こんにちは!奈良県一円でお墓のお仕事をさせていただいている石昭石材店の代表 杉田です。台風19号の被害も先のブログ記載時よりもその被害の大きさがわかってきました。79名にのぼる犠牲者に、未だ行方不明の方も10名を超える状況です。しかも、農作物の被害も甚大で、せっかく収穫したお米や未収穫のリンゴやぶどう、お米やお野菜など想像を超える被害状況です。家屋や家財道具などの被害も多く、全国で発生する近年の自然災害への対応策が急務となっています。昨日、明日香村に仕事へ参りました。下はその写真です。


遠くに葛城山を望む風景はまさに歴史を感じます。

 


台風前に収穫されたのでしょう。稲刈りの匂いが周囲に香ます。大きな墓地で、五輪塔やご先祖様の夫婦墓がならぶ左端に新たに夫婦墓を建てさせていただきました。

 


新仏様の墓標も、キッチリと石で枠組みして、ジャミ石とまじりあわない様に細工いたしました。

 


その後、明日香村を後にして、基礎コンクリート工事を行った現場に水を撒きにいきました。

 


乾いた基礎コンクリートにたっぷりと水を撒きました。これは、コンクリートが水によって化学反応を促進して、より強度の高いコンクリートになるように、コンクリートを流し込んで翌日から水を撒きに回ります。長い年月にわたり石碑をしっかりと支える基礎ですので、より強く頑強なものを作りたいと思い実行しています。