2020年1月25日

こんにちは!石昭石材店の杉田です。なんとも時の経つのは早いですね!もう1月も残り1週間を切りました。日没もかなりゆっくりになり春がもうそこまで来ているような状況です。さて今年は年始早々から中国の武漢市で新型のコロナウイルスが猛威を振るい世界的な流行の兆しがあります。中国の春節の大型連休に悪いタイミングで流行するコロナウイルスが世界中に拡散してしまわないか心配いたします。皆様も予防として、手洗いとうがいを励行しましょう!

 さて、今日は橿原市営香久山墓園で新しいお墓の建設工事に着手しましたのでご紹介いたします。いつもと同様に墓地全体の土を基礎を作るために掘削する作業から始めます。

次に、納骨室を設置するために、位置をマーキングします。墨出しといいます。

図面を確認し、正確に取り付けていきます。

基礎の下地に砕石を敷き詰め、転圧し、地盤を固めます。

墓地の排水と空気抜きのため、要所要所に穴を設けます。パイプをとれば穴が開き、そこから水や空気が通いますので、墓地内には水がたまらないようになり、同時に雑草の繁殖を防ぎます。

フレッシュコンクリート(生コン)を流し込みながら、石碑を支えるための基礎石を埋設していきます。

暖冬ながらも深夜の気温低下を考えてコンクリートを守るためにコンパネと毛布を被せて、さらにブルーシートで覆い養生いたしました。石碑の取付は1月の末を検討しています。

お電話でのお問合せは、お気軽に
フリーダイヤル 0120-948-014

石昭石材店  担当:杉田(すぎた) まで

お墓の施工実例 はこちら
会社のご案内(アクセス) はこちら
橿原市 香久山墓園 はこちら