2019年12月29日

こんにちは!石昭石材店の代表の杉田です。今年も残すところ・・・の時期になりました。皆様には本当に今年も大変お世話になりました。順調に、事故もなく、怪我もせず、本当に無事に今日を迎えることが出来ました。また、工事に携わっていただいた各職人様には1件の工事遅れもださず、お客様に100%喜んでいただける仕事をしていただけて感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。また来年も今年の様な1年が過ごせますように努めて参りたいと思います。で!街中はすでにお正月を迎える準備ができてきています!

明日香村の飛鳥坐神社様にお参りに行きますと宮司さんとバッタリお会い出来ました!新年のしめ飾りができていました。さっそくに子の年の絵馬をくださいました。いつも大変懇意にしていただけます。

百貨店に接する入り口に門松

ファミレス前にも門松。日本のお正月って感じで、良いですね!ゆっくりとお正月を堪能したいと思います。さて、先日の基礎工事の続きのご報告です。土を掘削して、砕石を敷き詰め、胴突きで締め固めていましたので、今日は生コンクリートを流し込む作業です。

目立つパイプはコンクリートが固まると、墓地の水抜き穴(排水)と空気抜きのためのものです。

コンクリートが固まり始める時に、石碑を受ける基礎石を埋め込みます。

2本の基礎石が寸法通り、また水平に取り付けていきます。

雨水がしっかりと流れるように勾配を確保して、金こてで平滑に均していきます。

同じように、もう1件の現場も進めます。

冬のコンクリートで一番重要なのが、「凍結防止」です。きれいにコテ押さえしましたら風などが当たらない様に板を敷き、シートを巻き込み寒風凍結対策をおこないます。

冬はコンクリートがじっくり固まるように時間をかけて養生します。良い基礎ができれば、あとは石碑を取り付けていくのみです。出来上がりが楽しみですね!

さて、石昭石材店では明日(12月30日)から1月6日まで年末年始の休日をいただきます。7日より年始の営業をいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。皆様どうぞ良いお年をお迎えください。

石昭石材店 代表 杉田勝也

0120-948-014