2020年7月23日

こんにちは!石昭石材店の杉田です。梅雨明け間近の4連休ですね!世間では「GoTo」キャンペーンでやや浮足立った感がある反面、本当にGoしていいの?といった心の動揺もあり、まさにアクセルとブレーキを同時にかける自分自身がいます。誰が言ったかWithコロナも「旅行もwithコロナでGo」とならないことを祈るばかりです。さて本日は5月初旬より工事着手していたお庭の外構工事がすべて完了いたしましたのでご紹介いたします。外壁の石貼りは約2週間ほどで終えていましたが、その他のエクステリア工事が梅雨の雨天の影響でようやくの完成となりました。

外壁に貼ってある石はインド産の黒御影石で光沢をださず、かつ、つるっとした特殊な仕上げ方をさせています。とても上品でお施主様のみならず、ご近所の方に大変好評をいただきました。

目立ちませんが、右隅にある水道のメーターボックスの空洞になった部分にもこだわりを持ち、施工しました。

床のタイルと全く風格が違う重厚感有る石貼りとなりました。上に取り付けてある笠石も全体を引き締めるアクセントに仕上がっています。

外壁の上に取り付けた笠石も全体を引き締める、シャープな、かつ、重厚感ある雰囲気に仕上がりました。

ベンチ?テーブル?さてさてなんだと思われますか?家族団らん、ご近所の方をお招きして井戸端会議のテーブルといったところです。門を通ると目を引く重厚感あるテーブルです。お施主様ご家族にとても喜んでいただいた外構工事(石貼り)でした。