2020年6月13日

こんにちは!石昭石材店の杉田です。近畿地方は梅雨入りとなりましたので「梅雨」らしい菖蒲と紫陽花そして田んぼの様子をピックアップさせていただきますね!

お墓の近くで偶然自然に咲く菖蒲を見かけました。

小さな紫陽花も涼しげにお庭をかざっていました。

田んぼに水がはられ、いよいよ田植え間近です。カエルの鳴き声も盛んに聞こえていましたよ。さて、今日は橿原市営香久山墓園において新規お墓の工事にかかりましたのでご紹介いたします。今日ご紹介する工程はお墓の基礎工事です。お墓は総重量が1トン500㎏ほどにもなり大変重たいものです。そのお墓を長い年月にわたり支え続ける基礎工事はお墓の1丁目1番地(とても大切な工程です)。私どもでは、完成すると隠れてしまう基礎工事をとても重要視しています。

着手前の様子です。

まずは墓地全体を掘削していきます。

つぎに納骨室を図面に基づき配置設置します。

砕石を敷き詰め、胴突きで突き固めします。

空気抜きと水抜きを兼ねたマスを設けるため塩ビ管を配置します。

フレッシュコンクリートを流し込み、金コテで平滑に均し仕上げします。あとはコンクリートに所定の強度が発現するまでじっくりと養生いたします。完工はおおむね7月の終わりを予定していますので十分な期間があります。