2019年12月22日

こんにちは!石昭石材店の代表の杉田です。今日は冬至で、もっともお昼間の少ない日ですね!冬至の日の食べ物と言えば「ゆず」と「かぼちゃ」ですね!かぼちゃの料理は少し大変なので、私はゆず湯にしたいと思います。また冬至からは日に日に昼間の時間が長くなっていきますので、確実に春に向かっていくことになります。気が早いですが、やはり「春」が待ち遠しいです。

さて、今週も橿原市営香久山墓園での工事のご紹介をさせていただきます。前回に続き橿原市営香久山墓園のお墓の工事になりますが、来年の初めに向けて、まさに新築工事のスタートです。

着手前の様子です

まずは重い石材をしっかりと支える基礎を作るために、墓地全体に土をすきとります。

石碑の配置に合わせて、墨だしをいたします

大切なお骨を納める納骨室を設置いたします

納骨室を設置してから、墓地全体に砕石を敷き詰め、突き固めていきます

コンクリートを流し込むまで養生していきます

2件目も同様に進めます

しっかりとした基礎工事をすることで墓地内の雑草の繁殖も抑えられますし、長い年月にわたり大切な石碑を傾きなく支えてくれます。年内にコンクリートを流し込み、ゆっくりと固まるまでの養生期間を確保いたします。