2018年1月20日

こんにちは!奈良県一円でお墓の仕事をさせていただいています石昭石材店の杉田です。「昨日に続き今日も暖かい一日になります」天気予報に安心して自宅を出ると、結構寒い朝でした。朝の八時にお墓で新規のお客様と待ち合わせして打ちあわせいたしました。朝の早くから、しかも寒い中お時間を頂戴しました。お客様に感謝の一言です。ありがとうございました。このブログをご覧いただいて、施工法など非常に理解いただいていましたので、早速に墓石工事のご注文をいただきました。3月の完成に向け精一杯努めさせていただきます。さて、本日は天理市内での新規墓石工事をスタートいたしました。

DSCF4936

いよいよ工事着手です。少し土が凍っていました!

DSCF4939

基礎の上に巻石を取りつけていきます。

DSCF4940

基礎と巻石との間にモルタルをしっかりと詰め込みます。

DSCF4942

石碑の配置にあわせて、納骨室の取付準備をいたします。

DSCF4943 DSCF4944

当店オリジナルの大理石納骨室を取り付け、砕石を敷き詰めます。ご希望により御影石の納骨室へも対応しています。

DSCF4947

狭い部分は、昔ながらのタコ足(胴突き)で採石を突き固めます。

DSCF4948

全体にコンクリートを打ち込み、水抜き、空気抜きの配置をして、基礎工事まで行いました。