2017年11月26日

こんにちは!石昭石材店の杉田です。今日も良いお天気ですね!太陽の有難さがとてもわかります。お日様に感謝しながら、今日も現場にでかけました。歴史的保存地域の今井町で少々年代のあるお墓で、ロウソク立ての交換をいたしました。ロウソク立ての1本が破損して、風防もなくなっているため、1本追加のお話をいただいておりました。現地を拝見いたしまして、2本のロウソク立ての中で、1本だけ作り替えすることに抵抗をかんじました。(1本だけ新品にするのは少し格好悪い?)思い切って2本とも新品にすればいかがでしょうか?ってお話しすると「そうね!」の一言!2本とも新品に交換いたしました。

ロウソク立て里路家 (2) ロウソク立て里路家 (3)

ロウソク立て里路家 (4)

やはり、すっきり納まりました!続いて、こちらも古い石碑のお線香差しとお花筒の交換をいたしました。最近よくご注文いただく典型的な例です。①お線香のよごれをお掃除し易く取外しのできるタイプに交換、②お花立てのプラスティック製や銅製のものからステンレス製への交換(綺麗)、水がたくさん入るタイプに交換、お花の水を交換しやすいものにしてほしい等ご要望はさまざまです。

DSCF4755 DSCF4763

ちょっと手をかけるだけで、随分見栄えや使い勝手が改善されました。思い切って今の現状からお墓を改善することは、実はとても簡単なことですよ!どうぞお気軽にお声かけください。