2017年10月14日

こんにちは!石昭石材店の杉田です。停滞する秋雨前線さらには台風20号の影響でしょうか天候が不順で、現場施工の段取りに四苦八苦いたします。でもそんな状況もコンクリートにとっては、まさに恵みの雨!より強い基礎になーれ!と言わんばかりですね!今日は橿原市内の巻石の着手、基礎工事をいたしました。

DSCF4686

墓地内の土を掘削し、砕石を敷き詰めて、突き固めて、地盤を固めます。しっかりした基礎はここからがスタートです。

DSCF4687

かっちりと下地が出来れば、型枠を配置して、鉄筋を組んでいきます。いわゆる鉄筋コンクリート造です!

DSCF4691

施工責任者の浅井は、丁寧がモットー!寸法通りに仕上げていきます。

中沼家

型枠を外して、基礎工事が完了いたしました。あとはじっくりコンクリート強度が出るまで、養生します。冒頭にも申しましたように、コンクリートは水と化学反応して固まっていく性質(水硬性)です。この長雨がきっと頑強な基礎を作ってくれるでしょう!まさに恵みの雨なんです。