2017年3月10日

こんにちは!石昭石材店の杉田です。今日は、東大・京大の合格発表日、そして、奈良県下公立高校入試日です。春はもうすぐ!朗報を待っています。さて、本日は高取町でお墓(墓石)の基礎工事を行いました。

DSCF3594

 墓所を囲む巻石工事が完成いたしましたので、次に、石碑部分の基礎工事をいたします。

DSCF3596

 墓所全体に砕石を敷き詰め、胴突きで突き固めます。

DSCF3608

 大理石製の納骨室を中央に配置して、要所に排水の穴を設けながら、練コンクリートを流し込みます。

DSCF3607

 まだまだ夜中は気温が低下しますので、キッチリと養生しておきました。石碑は総重量が1トンを超える重さになりますので、耐久性に富んだ、しっかりした基礎が必要です。私どもでは石碑づくりをする上で、基礎工事には特に力を入れています。何度かブログにてご紹介いたしましたが、軟弱地盤の場合は松杭を墓地周辺に打設することもございます。何十年何百年と大切なお墓を支える「基礎」十分すぎることはございません。

石昭(いししょう)石材店  杉田
—————————————————————————

お電話でのお問合せは、お気軽に
フリーダイヤル 0120-948-014

石昭石材店  ご担当:杉田(すぎた) まで

建墓の工程 はこちら
お墓の施工実例 はこちら
お墓の修理やリフォーム はこちら
会社のご案内(アクセス) はこちら
橿原市 香久山墓園
はこちら
壺阪山霊園(高取町)
 はこちら

トップページ
 はこちら です