2017年3月5日

こんにちは!石昭石材店の杉田です。3月最初の日曜日、今日も朝から寒くない日で、顔を洗う水も「冷たい!」感が少し和らいだように思います。さて、今日は終日橿原市営香久山墓園でお墓の新設工事はじめ地震対策工事、追加字彫りの工事をいたしました。まずは新設工事から!

DSCF3575

 先日より最下部の芝台は既に施工済ですので、次の台石を取り付けいたします。

DSCF3588

 芝台を耐震施工にて取り付け、目地の処理を行います。

DSCF3589

 黒い石はインド産BVRです。独特の黒の輝きで、耐久性に富んだ石です。下台石を取り付け出来ましたので、次回には竿石と花立などの付属備品を取り付けると完成いたします。この状態で、じっくり養生いたします。

DSCF3577

 下部部材の耐震工事は終わっていますので、今日は竿石の耐震工事を行います。

DSCF3578

 取付位置を墨だしし、配置確認いたします。

DSCF3579

 取付周辺に墓石専用耐震「ゲル」を取り付けいたします。

DSCF3586

 竿石を載せ、垂直水平を確認します。

DSCF3587

 耐震施工にあわせ、水垢とり、玉砂利洗浄、薄くなった文字色補充、高圧洗浄も実施して、墓石全体をきれいにいたしました。「とってもきれいになりました。新品になりました!」お施主様の開口一番の声でした。「地震で倒れたらどうしよう?って思っていたので、これで安心です。ありがとうございました」とのことで、職人も私も笑顔の一日になりました。