2017年2月28日

こんにちは!石昭石材店の杉田です。今日で2月も終わりで、明日からは3月です。月日の経つのは本当に早いものですね!太陽の日差しも随分と力強いものとなってきました。さて、本日は橿原市でお墓の墓石を取り付ける工事をいたしました。

DSCF3515

 基礎コンクリートも十分に強度が有り、頑丈に出来上がっています。

DSCF3516

 納骨室は当店オリジナルの大理石製で、底部はコンクリートを施していない「土残し」部分にして、しかも真さ土を通して「フワフワ」に綺麗に仕上げています。お骨を納める納骨室は、お墓つくりにおいて特に思いを込めてこしらえています。

DSCF3519

 今日は石碑の最下部部材を取り付けていきました。一つ一つ、図面とおりに、水平に取り付けます。

DSCF3521

 すべて組み上げれば、マスキングテープで目地周辺を養生して、目地コーキングを充填していきます。

DSCF3523 DSCF3526

 わたしどもは、お墓本体の取り付けは耐震施工を標準に行っています。御覧の通り目地部も外周、内部ともに耐震ボンドにて、しっかりとコーキング処理しています。従来のセメント系目地に比べ、部材の伸縮に追従し、微動振動にも耐久性があり、信用度抜群です。地震対策には絶対の自信がありますので、安心してお任せください。

石昭(いししょう)石材店  杉田
—————————————————————————

お電話でのお問合せは、お気軽に
フリーダイヤル 0120-948-014

石昭石材店  ご担当:杉田(すぎた) まで

建墓の工程 はこちら
お墓の施工実例 はこちら