2017年2月18日

こんにちは!石昭石材店の杉田です。昨日の雨から一転、晴れの現場日和になりました。今日は朝から橿原市内でお墓の基礎工事着手をいたしました。

DSCF3464

 墓所内全体の土の搬出から始めました。

DSCF3467

 水はけの良い土の状態で作業もスムーズに進みました。

DSCF3468

 納骨室になる大理石を取り付けています。

DSCF3469

 重たい石材を支える基礎の底部は細かいところまで、良く締め突き固めます。

DSCF3472

 フレッシュコンクリートを流し込みして、水はけの良いように均していきます。

DSCF3473

 水勾配をとり、表面を平滑に仕上げていきます。

DSCF3474

 寒気防止のために、シートをかぶせ、養生して作業完了です。また、先日にコンクリートの打ち込みをした奈良市の現場に向かい、コンクリートに水を与える散水作業をいたしました。

DSCF3462

 約100リッターの水で、コンクリート全体に散水いたしました。以前にもご説明いたしましたが、コンクリートは水で固まっていきますので、水分をタップリ与えることで、より強いコンクリートになっていきます。散水の後、シートで覆い、再び養生いたしました。現場作業の途中に商談が入ってしまい、現場は職人に任せたのですが、段取り良く本日の作業すべてをキッチリ仕上げてくれました。お施主さまにも現場説明もしっかりしてくれた様子で、お施主様から喜びのお電話をいただきました。(みんな ありがとう!)