2017年2月16日

こんにちは!石昭石材店の杉田です。今日は天気予報とおりの春のような気候で、絶好のコンクリート日和になりました。朝から奈良市でお墓の基礎コンクリートを打ち込みを行いました。前日より砕石の転圧をし、鉄筋を組み、シート養生していましたので、今日は配管の取り付けをして、早々に、生コン打設の準備が整いました。

DSCF3446

 ハッカー(鉄筋を結束する道具)で一本一本鉄筋を碁盤の目の様に組んでいきます。

DSCF3447 DSCF3449

 鉄筋をすべて組みあげました。

DSCF3451 DSCF3452

 墓地内に26本の排水管を設けています。

DSCF3453 DSCF3455

 JIS認定工場からフレッシュコンクリートを受け取り、墓地内にコンクリートを流し込みます。

DSCF3457

 写真ではわかりづらいですが、26か所の穴に雨水が流れ込むように勾配をつけています。

DSCF3458

 きれいに拭き掃除をして、寒気からコンクリートを守るため、きっちりと養生します。まずは合板を全体に並べて、

DSCF3459

 シートで覆い、

DSCF3460

 毛布をかぶせて、

DSCF3461

 さらに、全体をシートで覆い、風の入り込みを防ぐように、重しで押さえ、縛り付けいたします。防寒対策万全ですので、きっとお施主様にも喜んでいただけると思います。

石昭(いししょう)石材店  杉田
—————————————————————————

お電話でのお問合せは、お気軽に
フリーダイヤル 0120-948-014

石昭石材店  ご担当:杉田(すぎた) まで

建墓の工程 はこちら
お墓の施工実例 はこちら
会社のご案内(アクセス) はこちら

トップページ はこちら です