2017年2月9日

こんにちは!石昭石材店の杉田です。今朝は朝からボタン雪が降っていました。日中は雪または雨のようで、一日中少々お寒いのではないでしょうか?今日は昨日施工した橿原市営香久山墓園の新規のお墓(墓石)工事についてのお話をいたします。

DSCF3429

 着手前の全景です(いよいよの着手です)立春明けまでスタンバイしていました。これは冬期の「土用」があける立春から「土」を動かす行為が解禁されるからです。

DSCF3430

 墓地全体をすきとって行きます。

DSCF3431

 墓石の位置を墨付けするため、スケーリングします。

DSCF3432

 納骨室になる、土残し部分を決定し、取付た後、砕石を敷き詰め、胴突きで仮転圧していきます。

DSCF3433

 納骨室の位置と垂直水平状況を再チェック!

DSCF3436

 墓所全体を再度突き固めして、用意した生コンクリートを流し込みします。

DSCF3437

 生コンクリートを打ち込んだ後、すばやくシートで覆い、さらに毛布で覆い、ふたたびシートで覆います。これはコンクリートを寒さ(温度低下)や風、雨から守るために行う養生です。冬でも夏でも、この養生は最も大切なことです。いくつもの要点はございますが、コンクリート打ち込み後の初期(3日程度)は風雨や温度の管理、水分補給がとても重要です。私たちは現場で今できること=そのことを真面目に忠実に丁寧に行い品質の向上に全員一丸となって努めています。仕上がってしまうと隠れてしまう部分に万全を尽くしています。完成が楽しみです。

石昭(いししょう)石材店  杉田
—————————————————————————

お電話でのお問合せは、お気軽に
フリーダイヤル 0120-948-014

石昭石材店  ご担当:杉田(すぎた) まで

建墓の工程 はこちら
お墓の施工実例 はこちら
お墓の修理やリフォーム はこちら
橿原市 香久山墓園 はこちら
トップページ はこちら です