2017年2月2日

こんにちは!奈良県一円でお墓の仕事をさせていただいています石昭石材店の杉田です。日に日に日の出の時間が早くなっているのを実感していますが、いよいよ明日で節分、明後日は立春で、暦の上では春の到来です。今日は工場での墓石製作をいたしましたのでご紹介いたします。

DSCF3360DSCF3402

 石碑最下部の下台石を作るために、立方体に加工していきます。その後に側面の4面を研磨して光沢を出していきます。

DSCF3396

 角の面取りをしていきます。

DSCF3407

 傾斜台を設置して、水垂れを作っていきます。

DSCF3371

 研磨しては面取りをして加工を進めます。

DSCF3372DSCF3368

 お骨を納める穴をあけて、下台の完成です。

DSCF3375

 下台に続き、上台、軸石を加工して、3段墓の仮組を行い、石碑のチェックをします。工場では切削機や研磨機、穴加工機など職人が同時作業で製造にあたり、本日は石碑の新加工と、お寺の表札碑の加工を行いました。手をかけ、思いを込め一つ一つ作り上げていきます。3月の納品まで無事に作り上げなければなりません。。

石昭(いししょう)石材店  杉田
—————————————————————————

お電話でのお問合せは、お気軽に
フリーダイヤル 0120-948-014

石昭石材店  ご担当:杉田(すぎた) まで

建墓の工程 はこちら
お墓の施工実例 はこちら
お墓の修理やリフォーム はこちら
会社のご案内(アクセス) はこちら

トップページ はこちら です