こんにちは。奈良県一円でお墓の仕事をさせていただいております、石昭石材店の杉田です。

dscf2955

 

dscf2956

今日は橿原市営香久山墓園にて、基礎コンクリートへの水打ちと納骨室の土による仕上げ作業をしました。大理石で囲まれた納骨室は当店のオリジナルです。よく納骨の際、お寺様に「あんたとこは納骨室を大理石でつくっているのか!きれいやね!」っておっしゃって頂きます。また、その上で「みんな見せてもらい」って、施主様などに、私に代わって絶賛紹介していただきます。また、納骨室の底は土のままで、しかも真さ土を振るいで通した新土で仕上げていますので、「ふとんのようなフワフワな土」の上に、お骨を納めさせていただきます。仕上がってしまうと隠れる部分ですが、私がこだわっている、最も大事なお墓づくりのポイントです。是非ご覧いただきたい部分です。

さて、昨日の鳥取の地震ですが一夜明け被害の状況が徐々に明らかになってきました。人命の被害が出なかったのは幸いですが、屋根や壁などの住まいへの被害や骨折などのケガなど色々な被害報告が報道されている中、倉吉市などでは、お墓の倒壊の報告がありました。たくさんの墓石が倒壊した映像を見るのは、とても残念なことです。当店では㈱安震のゲルを標準施工した免震工法をお墓づくりに取り入れています。先の熊本大分地震においても倒壊被害が発生していない工法です。お墓を地震から守るために、軟弱地盤対策や頑丈な基礎づくりをはじめ、免震工法をすすめ、「お客様に安心していただけるお墓を提供しなければならない!」とますます意識が高まります。

—————————————————————————

お電話でのお問合せは、

お気軽に フリーダイヤル 0120-948-014

石昭石材店  ご担当:杉田(すぎた) まで

建墓の工程 はこちら

お墓の施工実例 はこちら

橿原市 香久山墓園 はこちら

トップページ はこちら です